RULE

RULE大会規則・注意事項

参加者・応援者の方は以下の競技規則を必ず確認すること。 本大会は、国内の関連するすべての法令を遵守して実施する。
また、スカイランニングの公認レースであり、JSA 競技規則が適用される。 なお、市房バーティカルブースト独自の規則も適用される。

競技規則

新型コロナウイルス感染症対策(第1回大会特設ルール)

・大会前2週間の体温を毎日測定し、主催者が指定する用紙に記入して当日持参すること。同期間内に37.5℃以上の発熱や、倦怠感など感染を疑わせる事象、感染者との濃厚接触、入国制限国・地域への渡航があった場合は大会に参加できない。
・競技者は、マスクないしネックゲイターなど口を覆うものを携帯し、走行中以外は常に着用すること。
・こまめな手指の洗浄やアルコール消毒を心掛けること。
・大会中は他の参加者やスタッフとの距離を最低1m以上あけること。
・大声での応援やハイタッチなどの身体接触は禁止する。
・大会終了後2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は、その旨と濃厚接触者の有無について速やかに事務局に報告すること。
・厚労省接触確認アプリ「COCOA」のインストールを強く推奨する。
・その他大会が定める感染症対策及び当日のスタッフの指示に従うこと。

自然環境への配慮

・競技者は、コースのマーキングをたどり、すべてのチェックポイントを通過すること。
・競技中にごみを捨ててはならない。
・コース上及び全区域で動植物、菌類、岩石などを採取、損傷してはならない。
・トイレは大会が指定したトイレ(スタート地点、市房山キャンプ場)を使用すること。やむを得ないときは携帯トイレを使用し、紙を使った場合は必ず持ち帰ること。

安全への配慮

・レースディレクターやチェックポイントのスタッフはコース上のいかなる場所であっても競技者にウインドジャケットもしくは他の必携ウェアや装備を装着するように指示することができる。
・競技者は、自らの意志でリタイアできる。 また大会主催者もしくは医療スタッフによりリタイアを強制されることもある。
・緊急事態を除き、リタイア(自らの意志)はチェックポイントにて行なうこと。
・競技者は、怪我や疲労困憊状態になっている他の競技者を救護支援しなければならない。
・競技者は、大会主催者や運営団体及びスタッフの指示に従わなければならない。
従わない場合は、失格となる事もある。
・競技者は、各部門の技術的・体力的難易度を確認し、自分の技術や体力に見合った部門を選ばなくてはならない。

一般利用者や他の参加者への配慮

・コース内で前方のペースが遅い選手を追い抜く場合は、声掛けを行う。 声をかけられた選手は進路を譲らなくてはならない。
・コース幅の狭い場所や滑落の危険がある場所(テープがはられている場所)では追い抜きを行ってはならない。
・コースは、大会で占有をしているものではなく、一般の方も利用していることを十分に理解し、その通行を妨げてはならない。

障害のある方へ

・聴覚障害がある選手は、他の選手に障害が分かるよう前部・背部にサインを表示すること。
・足元の路面状況の確認が難しい視覚障害のある選手は、長さ3m程度の誘導棒(物干し竿のような硬い棒)で選手の前後に2名以上の伴走者をつけること。(伴走者もエントリーが必要)

応援者の方へ

・競技の公平性保持および感染症対策のため、WSやチェックポイントの立ち入りおよび私的サポートを禁止する。
・コース上での応援は禁止しないが、マスクを着用し大声を上げない、ハイタッチをしないなど選手と同様の感染症対策に努めること。
・競技の公平性を保つため、大会が指定するエイドステーションの範囲外では選手サポートを行うことはできない。
・応援にあたっても登山道の危険性を十分に理解し、自己の安全に十分注意しなくてはならない。
・参加選手と同様に登山のマナー・ルールを守り、ゴミを拾うなど登山道の美化に努めること。

ペナルティ

以下のことに対しての罰則が適用される場合がある。

・競技中にゴミを捨てた場合。
・認可されていない場所(エイドステーションなどの指定された場所以外)でサポートを受けた場合。
・コースの標識に従わなかった場合。
・ナンバーカードを見えない場所に付けている場合。
・ナンバーカードを許可なく改ざんした場合。
・フライングスタートをした場合。
・チェックポイントを通過しなかった場合。
・スポーツマンらしくない振る舞い(助けを必要としている他の競技者を助けないなど)をした場合。
・必携とされているものを携行もしくは使わなかった場合。
・主催者や運営団体及び審判員の支持に従わない場合。

失格

失格となるのは以下の場合である。

・表彰式に正当な理由なく出席しなかった場合。
・追い抜こうとする選手の進路を故意に妨害した場合。
・主催者や運営団体及び審判員の支持に従わない場合。

必携装備

・ナンバーカード:必ず腹部に折りたたまず付ける。
・ナンバーカード、計測用チップ ※ナンバーカードは、必ず前部(腹部)に折りたたまず付ける。
・水および行動食(各自必要に応じて)
・マスク若しくはネックゲイター
・トレイルシューズ(スカイランニングに適したもの)
・ウインドジャケット(雨天時は防水ジャケット等の雨具)
※当日の気候によって変更する場合がある。
・手袋
・携帯電話

推奨装備

・ファストエイドキット
・携帯電話
・携帯トイレ
・手袋
・帽子
・防寒対策(特に山上での応援を予定されている方)

禁止装備

・サンダル
・イヤホンやヘッドホン
※ポールの使用は可能とするが、路面等の保護のため先端にはカバーをつけなければならない。

制限時刻と通過チェックポイント(CP)

●エキスパートの部・一般の部ともに共通
CP:市房神社
フィニッシュ:市房山山頂 13:30
※CPおよび山頂で給水は行わない。必要量を各自でご持参いただく。

救助及び医療援助の体制

・競技が安全に行われるために、大会側では道迷い防止のためのコースマーキングと転滑落危険個所での注意喚起のためのサインの表示と、救助及び医療援助体制を準備する。選手はスカイランニングという自然の中で行われる競技に危険が伴うことを充分に認識し、ケガ、病気、事故などに対して、自己の責任において大会に出場する。
・応急処置の救護所はすべてのエイドに設置され、医療従事者が待機する。これらの救護所は大会本部と一般電話、携帯電話もしくは無線機で連絡をつなげる。
・応急処置は、参加登録の有無に関わらず、本大会に関係するあらゆる人々を危険な状況から救助するために行うものとする。
・医師と救護者には、これ以上競技を続けられない選手に、競技を中止させる権限があり、中止となった場合計測用チップ(ナンバーカード)を回収する。
・レースを中止した場合、その場からフィニッシュ会場まで徒歩で戻る。
・要救護者(選手)の怪我の状況に応じて、救助隊を呼ぶことがある。この場合にかかった費用は選手の自己負担とする。
・大会本部やスタッフに連絡がとれなかった場合は、「119」などで直接救急要請を行う。ただし、その際は本大会の参加者であることを告げ、走行距離看板等を目安に自分の位置を告げる。

リタイアと通過人数

・選手は必ず競技中にナンバーカードを装着しなければならない。
・リタイアを申請できる場所は、原則としてチェックポイントとする。
・リタイアする場合は、必ず近くのスタッフにナンバーを告げる。
・大会スタッフに申告なくリタイアした場合、大会中の行方不明者として取扱われ、大会・警察・消防の捜索隊が出動する場合がある。

主催者の責任

・コース上のマーキング及び案内看板の設置
・スタッフの安全管理

選手の責任

・このレースの参加にあたって上記以外のすべてを自己責任とする。

大会中止等の判断とその周知について

下記の事由により、大会主催者が大会の開催・継続が困難と判断した場合は、大会中止又は大会の中断を行う。
・新型コロナウイルスの感染拡大により、熊本県においてイベント自粛・外出自粛またはこれに類する要請が発せられた場合。
・気象警報発令時(大雨特別・暴風特別・大雨・洪水・暴風等)。
・コース上に崖崩れ、落石など参加者の安全を確保できないと判断された場合。
・「土砂災害警戒情報」が発表された場合。
・大会開催に当たって、安全面で問題ない場合でも、登山道の状況が多数の参加者の利用に耐えることができないと判断した場合、歩行区間の設定やコースの変更、大会中止の判断をする場合がある。
・噴火、地震、風水害、降雪、事件、事故、疫病などによる開催縮小、中止、通知方法などについてはその都度 大会本部が判断し決定する。
・蜂、有害鳥獣・病害虫の出没により参加者の安全を確保できないと判断される場合。
・大会中止の判断は、大会当日又は前日に大会ホームページにて発表する。
・大会中断を判断した場合、WSおよびCPにて参加者に通知する。
・大会中止若しくは中断の場合、原則として参加費の返金はしない。